2018.09.05更新

婚活のために知っておきたい、結婚相談所と婚活アプリ

様々な婚活方法の中でも、結婚相談所と婚活アプリは理想の相手に巡り合えると人気がある方法です。
身近な場所で出会いがない人にとってはどちらも便利なサービスです。
それぞれ特徴は違いメリットもありますが、もちろんデメリットもあり、それらを踏まえて自分に合った婚活方法を選ぶのがベストです。

まず結婚相談所のメリットは理想の相手に出会いやすいという点です。
相手の年齢や職業、身長はもちろん、家族構成や結婚後の同居の有無など全て把握した上でお見合い出来るので、結婚が決まった後に話が違うと揉める事がなくなります。
そしてもう一つ、仲人やアドバイザーなど仲介してくれる存在がいる事も魅力です。
婚活中で上手くいかない時は孤独な気分になりがちですが、そんな時に気軽に相談出来る存在がいると心強くも感じられます。

デメリットは何と言っても金額が高い事です。
結婚相談所によって違いはありますが、入会金や月会費、お見合い料、また結婚が決まって退会する時に成婚料を支払わなければいけない事もあります。
入会する前には独身証明書や卒業証明など準備すべき書類も多い事から、誰もが気軽に出来る婚活とは言い難いかもしれません。
そしてこのように多額の費用を支払っても全員が成婚に至る訳ではなく、出来なかった場合のリスクが大きいのも入会に躊躇する一つの要因となります。

一方の婚活アプリや恋活アプリの出会いとなると、カジュアルな出会いがメリットになります。
費用もリーズナブルで特に必要な書類などもないため、婚活に興味を持った人も手軽に始めやすいのです。
結婚が出来ない人の中には、仕事で忙しくて出会いの場に行けないといった方も含まれますが、婚活アプリや恋活アプリはインターネットに接続可能な環境であれば、どこでも自分の好きなタイミングでお相手探しが出来ます。

カジュアルな出会いがメリットである反面、結婚相談所と比較すると真剣さが足りない事は否めません。
もちろん本気で結婚相手を探したいと入会している人もいますが、中には既婚者であったり、特定のパートナーがいるにもかかわらず活動している人もいます。
独身であっても結婚する気はなく、単に遊び相手を探すために登録している人もおり、相手を間違えてしまうと時間も費用も無駄になってしまいます。
理想の相手に巡り合うと、疑わしい部分があっても目をつむって見ないようにする人も多いですが、全て自己責任なので時には冷静な判断をする事が大切です。

おすすめ記事