2018.11.29更新

親が子の婚活を行う婚活イベントもある!

親にとって我が子は、いくつになっても最愛の存在です。
一般的には子どもが高校を卒業したり、成人を迎えたりすると子育ても一段落したと感じる親が多いと思います。
だからと言って、その後の我が子のことが何も気にならないかと言えば決してそのようなことはありません。
我が子が無事に就職して社会人になった後は、良い人と巡り合い結婚してくれるかということが非常に気になり出します。
孫の顔も見たいということもあるでしょうし、自分達が亡き後我が子が一人になってしまうのは心配だということもあるでしょう。

けれど現代ではそのような親の心配をよそに晩婚化や非婚化が進み、社会問題の一つとして認識されています。
お見合い結婚が激減し、恋愛結婚が主流となっていますので、恋愛が苦手だったり出会いの場に恵まれなかったりすると、どんどん結婚が遅くなっていってしまうのが現状です。
そこでそのような我が子の状況が心配でたまらず、何とかしたいと考える親も多いと思います。
そして最近では、そんな親同士が子どもに代わって代理でお見合いを行う婚活イベントが開催されるようになりました。

親が子どもの結婚問題に介入することに否定的な人もいるかもしれませんが、何もしなければもしかしたら我が子は一生未婚のままかもしれないと思うと、何かしてあげたいと考える親心は理解することが出来るのではないでしょうか。
親同士が子どものプロフィールや写真を持参して代理でお見合いする形態が一般的ですが、親同士が気が合い仲良くなるということは結婚において非常に良いことだと言えます。
結婚は当人同士だけの問題ではなく、家と家の結びつきという側面もあります。
親同士が気が合い上手くいく場合は子ども同士も生活環境や価値観が似通っている場合が多いため、結婚後も生活の中で大きな違和感は感じないはずです。

親同士の婚活イベントにはこうした肯定的な意味合いもありますので、一概に子どもの結婚問題に親が介入してはいけないとは言えないでしょう。
親が見つけてきた人と会ってみたら想像以上に好感が持てる人で、結婚にまで至ったという事もあります。
我が子のことをよく知る親だからこそ、最良の相手を見つけることも出来るはずです。
そのためこのような親同士が代理でお見合いをする婚活イベントが生まれ、無くなることがないとも言えるでしょう。
現代は努力しなければ結婚出来ない時代だとも言えますので、未婚の我が子に頭を悩ませている親はこうした婚活イベントに参加してみることをおすすめします。

おすすめ記事